脚やせをするなら歩き方に気を配ろう

2012年7月17日 Posted by admin

脚やせをしたいなら、立ち方と歩き方にも気を配りましょう。
変な歩き方をすると脂肪のつき方のバランスも悪くなり、脚線美からほど遠くなります。
まず、壁に背中を付けるようにして立って、背筋がまっすぐになっている感覚を覚えましょう。
猫背の人は首が前に出ているので、壁に背中を付けても後頭部は壁につきません。
また、靴裏をみると、その人の歩き方が分かるといいます。
内側だけ、外側だけ減るのは内股やガニ股で歩いている可能性が高いです。

正しい姿勢を意識したら、次は歩き方です。
脚やせを意識した正しい歩き方は、かかとで着地して親指で蹴りあげる歩き方です。
今までの癖はなかなか抜けないと思うので、姿見などでチェックしながら、歩き方の練習をすると良いでしょう。

なかなか自分の歩き姿をチェックするのは難しいとは思いますが、街中のショーウィンドウに写る自分の姿を見て、チェックすると良いでしょう。
意識するのとしないとでは大違いです。
慣れないうちはちょっと疲れますが、正しい歩き方が身につくと、脚やせだけでは無く全体のスタイルも良くなって見えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>